閑話休題

全て 名詞
67 の例文 (0.00 秒)
  • 閑話休題それはさておき日和下駄の効能といわば何ぞそれ不意の雨のみに限らんや。 ...
  • 重要度からすると全然閑話かんわなどではないけれど、まあ、そんなところで閑話休題。 ...
  • 閑話休題、さてその沢山の旅の歌の中で最も光つてゐるもう一つにこの歌を数へてよからう。 ...
  • もっとデタラメな話がいくつもあるんだけどね、閑話休題。 ...
  • 三たび閑話休題、座談会は私と堀氏とが話しをさせられた。 ...
  • このスタイルはまた、話が横道へそれてしまって、閑話休題それはさておきというだけではうまく話を本題へもどせないようなときにも使われる。 ...
  • 閑話休題としても、当人は閑人気分ひまじんきぶんが充分で、一人で出かけることもあれば、一僕を召しつれて出て戻って来ることもある。
  • 閑話休題、この妙ちきりんなブラック・ホールというのが、理論ではともかく、それでは実際に存在するのかどうかという点ですが、現代の天文学の強力な武器である電波望遠鏡等の発達によって、どうやらそれらしいのが見つかったんでしてね。
  • 閑話休題、我々の戎克には舟夫四人に男の子一人が乗組み、別に雑用をするために旅館から小僧が一人来た。 ...
  • ・・・閑話休題あいかわらず、ナデシコのクルーは、月面に拘束されていた。 ...
  • 例えば、江戸時代に「閑話休題」を「それはさておき」と訓読みしていたことが知られるが、現代には定着していない。 ...
  • 閑話休題さて、博士が、その押釦の一つを押すと、豆戦車の蓋がぽっかり明いた。 ...
  • 閑話休題それはさておき、海舟にとって新政府の自分にたいする疑いは、いわば毎度のことでたいして驚きはしなかったであろうが、徳川家の重役たちがそれを知っていながら海舟には黙っていたことが気に障った。 ...
  • 閑話休題として、その狩野氏は妻君を持たないで独身生活をつづけているという事を私はかねて漱石氏から聞いていたが、春雨の降って居る門内の白い土を踏んでその玄関に立った時私はあたかも寺の庫裡くりにも這入ったような清い冷たい感じを受けた。 ...
  • 閑話休題さて、金博士は、ようやく注意力の二割がたを、蜘蛛の声に向けていた。 ...
  • 閑話休題、この事件によって、このユダヤ人青年学徒と名門貴族の女性との間に、もはや切りはなすことのできぬ宿命的つながりができあがったのは、当然であった。 ...
  • 馬琴の口真似をすると、閑話休題あだしごとはさておき、これからわたしが語ろうとするのは、その里見の家がほろびる前後のことである。 ...
  • 次へ