開くより早く

18 の用例 (0.00 秒)
  • 由宇の口が開くより早く、天井の一部が開いて何かが次々と落下してきた。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • ドアが開くより早く、吉野の声が、ドアをぶち抜いて聞こえて来た。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • こちらが口を開くより早く、有彦の方から用件を切り出してきた。 奈須きのこ『歌月十夜 51 狂月夜』より引用
  • 口を開くより早く、視界上側で赤く点滅するものがあった。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • ここがどんな場所か教えてやろうと思ったが、彼が口を開くより早く、カーリンヘンがドアを開け、大声を出した。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • オーフェンは少女が口を開くより早く、そう聞いた。 秋田禎信『魔術士オーフェンはぐれ旅 第01巻 「我が呼び声に応えよ獣」』より引用
  • だが藤孝が口を開くより早く、義輝が意外なことを言い出した。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 警部が口を開くより早く、彼女は奥へ招いた。 有栖川有栖『あるYの悲劇』より引用
  • 俺が口を開くより早く、長門は反応した。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 何をとレイムが口を開くより早く、ディーノが言葉を継ぐ。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • ナポレオンが口を開くより早く、彼は肩をすくめた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • 勝手に入ってきては困る、とオットーが口を開くより早く、「そうとも言いきれません」とダグザが冷静な声を出し、両者の戦闘の幕は切って落とされた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • 沙耶架がふたたび口を開くより早く、ナギが説明に入る。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 岸部が口を開くより早く、加瀬が先回りして答えた。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • リロイが口を開くより早く、フリージアは口火を切った。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 寧々が口を開くより早く、ともヽヽがさえぎってただした。 杉本苑子『影の系譜 豊臣家崩壊』より引用
  • しかし、落ち着きをとりもどしたちびはメイが返事をするより早く、また、ケイレブが口を開くより早く、中に割ってはいった。 ディケンズ/村岡花子訳『炉ばたのこおろぎ』より引用
  • ジントが口を開くより早く、ラフィールは宮廷じこみのアーヴ語で、われわれは通りすがりの強盗であって、アーヴとか星界軍ラブールとか後ろ暗いことはいっさいないことを強調しはじめた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用

開くより早く の使われ方