開く

全て 動詞
16,935 の用例 (0.01 秒)
  • 青年期にずっと近づいて初めて自分の周囲に対する目と心とを開かれる。 宮本百合子『若き精神の成長を描く文学』より引用
  • 声の主は確かに部屋のなかだったが、ただ扉の開く音は聞こえなかった。 キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』より引用
  • 私は本当にあわてずに自分の道がどう開かれてゆくかを見ようと思った。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 何度叩いても開かれない門のあることは我々も亦知らないわけではない。 芥川竜之介『続西方の人』より引用
  • それはすべてのとびらからしめ出された者に向かって開かれた洞窟どうくつであった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • けれども人事不省に落ちているらしい女性は眼を開く事が出来なかった。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • 大きく開かれた妻の眼は、深い水のように彼を見詰めたまま黙っていた。 横光利一『花園の思想』より引用
  • 入口の戸は左右へ開くようになっていて、まん中には鍵がかけてあった。 岡本綺堂『雪女』より引用
  • その時には港は安全に開かれ、制限制度は永久に廃止され得るであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 眠つてゐるとも見える彼の眼は、糸を引いたやうにしか開かれてゐない。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-15』より引用
  • 愛蘭独立はその問題が英議会に伝統化された時に解決の端緒が開かれた。 岡本かの子『英国メーデーの記』より引用
  • 一瞬、目を開いているつもりで実は閉じたままなのではないかと疑った。 植松真人『新世界交響曲』より引用
  • このような場所も縁はなかったなと思いながら、鉄の門を開こうとする。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • 仕方なく待つことにしたが、二人の女性はまったく口を開こうとしない。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • 開くといっても糸のように細い眼だから、瞠ったという印象は与えない。 久生十蘭『魔都』より引用
  • 一方には闇のなかにきわだって明るく照らされた一つの窓が開いていた。 梶井基次郎『ある崖上の感情』より引用
  • 私は拳銃を取り上げて小屋の扉を蹴開いて縄梯子を伝わって丘へ下りた。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • 彼女はかつて知らなかった気持を覚えた、花が開くような一種の心地を。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 労働者の会合を料理屋で開くなんてけしからんと私は云つてやりました。 平出修『逆徒』より引用
  • 声と同時に扉が開いて、一人の女が黒猫を抱いて、すうッと入って来た。 大倉燁子『黒猫十三』より引用
  • 次へ »