閉じる

全て 動詞
4,037 の用例 (0.01 秒)
  • 一瞬、目を開いているつもりで実は閉じたままなのではないかと疑った。 植松真人『新世界交響曲』より引用
  • うとうとと眼を閉じたまま妻の痛みはいくらか落着いてくるようだった。 原民喜『美しき死の岸に』より引用
  • そして龍はくちを開けたり閉じたりしてたすけを求めているようであった。 田中貢太郎『西湖主』より引用
  • あなたが心を閉じることができるようになるのが、何よりも大切だって! ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • しかし目を閉じるとさらにその感じが強くなったので、慌てて目を開く。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(上)』より引用
  • 彼女の心の中でひとつのドアが閉じ、別のドアが開いたような感覚がある。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 彼女のしっかり閉じられたまぶたの下に大きな眼玉がごろんと動くのが見えた。 海野十三『鞄らしくない鞄』より引用
  • 親が死んでから彼は小さな家に閉じ籠って仕事をしようとしなかった。 島田清次郎『地上』より引用
  • 両腕を肘まで水につけて、彼女はひとりだけのカヌーの上で目を閉じた。 片岡義男『少女時代』より引用
  • 私は息をつめて眼を閉じて、運命を天に任せるより外に仕方がなかった。 豊島与志雄『或る女の手記』より引用
  • 蓋は元のとおりに閉じられて、喬生は柩のなかで死んでしまったのです。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • ひとつの役割を終えて幕を閉じるのを、まるで予知していたかのように。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 次に常識が閉じた社会においてあるに対して科学は開いた社会においてある。 三木清『哲学入門』より引用
  • 物を云おうとしてすこし開いた唇をそっと閉じ、峯子は体を元に戻した。 宮本百合子『今朝の雪』より引用
  • 勿論、それにはすぐ閉じる女もあれば、かなり時間のかかる女もおるよ。 遠藤周作『ぐうたら人間学』より引用
  • 私はそのお尻がパッと開いてすぐ閉じる瞬間を、はっきりと眺めました。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 自然に閉じたらしいドアの前に立った彼は、おそる恐る隙間すきまから中をのぞく。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • すると今度は、その閉じ切った部屋の中から、本当の倦怠が生れ出した。 堀辰雄『聖家族』より引用
  • 誰かがどこかで蓋をひとつ閉じ、もう一人が別のどこかで蓋をひとつ開けた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 眼を閉じているお文はその戦ぎが菜の花に取って換わったように思えた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 次へ »