門扉

全て 名詞
1,009 の例文 (0.01 秒)
  • 胸の高さの鉄パイプ製の門扉もんぴは自由に開閉できるようになっていた。 ...
  • 門扉の高さは六尺ぐらいだから竹竿を利用すれば軽々と跳び越えられる。 ...
  • 中から門扉もんぴを開けて、それから歩いて家の前まで来るのにどれくらいかかっただろう。 ...
  • 後洗礼堂第三門扉は都市を共有物と考えていた富裕市民層によって補われた。 ...
  • 如水と平太夫は、三間四方もあるかと思われる巨大な門扉の前に立った。 ...
  • 高さ三メートルほどもある大きな門扉が、きしみもせずに開いてゆく。 ...
  • 門扉もんびの開くのを待つあいだ、馬車は徐行じよこうしなければならないという。 ...
  • 二人はマンションの門と向き合った家の門扉もんぴをそっとあけ、中に身を潜めた。 ...
  • 道へ出ると丁寧に黒い鉄の門扉をとじ、思い切りよく大股おおまたで歩きだした。 ...
  • 「瑤子」 隣りの家へ聞こえてもかまわぬ気で名を呼び、門扉をあけた。 ...
  • 土壊つちくいで土地が沈み、太い門柱が門扉とびらをつけたままごろんと寝転ねころがっている。 ...
  • 本級の最大の特徴が、従来の米LSTが踏襲してきた艦首門扉の廃止である。
  • 門扉から玄関までの五メートルには大谷石が張ってあり、奥に屋敷が暗く沈んでいた。 ...
  • 表の門扉をそうしたように、悪魔にとって扉は開けるものではなく壊すものだ。 ...
  • その隙に、先頭を切って二頭の馬が二枚の門扉の間に躍りこんだ。 ...
  • 閘門扉の写真には、底の両側に沿って閘渠の口が一列に並んでいるのが見える。 ...
  • 門扉は大人の胸くらいの高さなので、閉めていても中庭の一部が通りから見える。 ...
  • 次へ