門扉を押し

15 の例文 (0.00 秒)
  • 私は門扉を押し開けてから、やしきの内部に入った。 ...
  • 胸くらいの高さの黒く塗った鉄パイプの門扉もんぴを押しあけて邦彦はドアの前に立った。 ...
  • 八郎は、足音をしのばせて庭を横切ると、門扉を押して道に出た。 ...
  • インタホンに応答があって、門扉を押し、言われるまま玄関のドアを開ける。 ...
  • せまい鉄の門扉を押して入り、斜めにつけた踏石からすぐ玄関の格子戸の前に立つ。 ...
  • 左右を見まわし、もう一度人の気配がないことを確かめてから、鉄の門扉を押して、おれは屋敷内に忍び込んだ。 ...
  • 小さな宮の側まで来て、六太はなんとなくその門扉もんぴを押し開ける。 ...
  • 邦彦は胸の高さほどの、黒く塗った鉄パイプの門扉を押しあけて、ドアの前に立った。 ...
  • 直後、ためらいなく右手を持ち上げ、黒い鋳鉄ちゅうてつ製の門扉もんぴを押し開ける。
  • 文四郎はこころみに門扉もんぴを押してみたが、かしで出来ている扉は厚く堅牢な手ごたえを伝えるだけで、びくとも動かなかった。 ...
  • ためしに門扉を押してみたが、びくともしない。 ...
  • 私は門扉を押して、岩場に戻った。 ...
  • そこへ駆け込んだ女子生徒が門扉と校門の壁に挟まれるが、教諭は気付かずにそのまま門扉を押して閉め切ろうとした。 ...
  • たまらず櫓門に取り付いていた織田家の兵は、門扉を押して閉じにかかったが、 「ならん」 義清は怒鳴り付けた。 ...