長谷川和彦

19 の用例 (0.00 秒)
  • 最強戦に参加しなくなったのは第5回の打ち上げで長谷川和彦が雀鬼会の事を非難したからであるとも言われている。
  • 映画監督の長谷川和彦と同居していることが、週刊誌などでたびたび報道されている。
  • この時集められたのが日活出身の伊地智啓・長谷川和彦・相米慎二である。
  • 第一回札幌映像セミナーに参加した際、オリジナル脚本が脚本家の荒井晴彦、長谷川和彦監督から高い評価を受ける。
  • 映画監督の長谷川和彦は正社員として所属した。
  • 性格的には家父長志向が強く、そのことは一面では教育者として顔をも持ち合わせ、長谷川和彦を育て、映画人を育成する横浜映画専門学院を創立、後に日本映画学校となり 、日本映画大学の母体となった。
  • 当初の監督候補は長谷川和彦だったが企画段階で降板し、アメリカで映画を学び『スター・ウォーズ』の日本語版演出でSFの経験がある原田眞人を起用された。
  • 長谷川和彦が監督、三池崇史が助監督で続編の企画が1980年代に存在したが、実現しなかった。
  • 翠町中学の一学年上に長谷川和彦がいる。
  • 脚本は最初、長谷川和彦に依頼し、角川春樹が直接長谷川に交渉したが、長谷川が角川に対して無礼な物言いがあって流れたといわれる。
  • 現在は『家畜人ヤプー』関係の仕事が中心であり、『ヤプー』の映画化は長谷川和彦が監督するということで計画が進んでいたが、予算の面で長谷川によると桁が「小さい方に一つ違った」と折り合いが合わず、映画化は実質頓挫した。
  • 沢田研二と関わりを持ちたがっていた阿久悠が原作を手掛け、脚本は後に「太陽を盗んだ男」を手掛ける長谷川和彦が担当した。
  • 撮影は数々の日活作品でコンビを組んできた姫田真佐久、脚本に『濡れた荒野を走れ』の長谷川和彦、音楽に井上尭之という当時人気絶頂にあった主演・萩原健一の意向が反映された布陣で制作された。
  • ライナー・ノーツには、杉本博士による解説及び長谷川和彦とタケカワユキヒデによる対談が記載されている。
  • 長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』の撮影助手やCMカメラマンを経て、 1981年、森田芳光監督の『の・ようなもの』で撮影監督デビュー。
  • その後第4話では脚本原案長谷川和彦・ゲスト沢田研二の「悪魔のようなあいつ」コンビで話題を提供するも、視聴率は回を追って下がる一方で、6月には1桁に落ち込んだ。
  • その後は日本アート・シアター・ギルドを中心に数々の劇映画の撮影に従事し、多くの監督たちから信頼され、黒木和雄、長谷川和彦、寺山修司、篠田正浩らの作品の撮影を担当している。
  • 社会学部4年時に雑誌『GORO』の対談で出会い知遇を得た長谷川和彦から『太陽を盗んだ男』に制作助手として、1981年には相米慎二『セーラー服と機関銃』に助監督として映画を学び、その流れからディレクターズ・カンパニー制作のピンク映画『神田川淫乱戦争』で1983年に映画デビュー。
  • 今村プロダクション映像企画を振り出しにディレクターズ・カンパニーで助監督時代を過ごし、今村昌平、長谷川和彦、相米慎二、根岸吉太郎の4監督に師事する。