長押形

8 の例文 (0.00 秒)
  • 城郭建築では長押や柱をそのように塗ごめて形を出させるので長押形という。 ...
  • また、実証的な面からは外部意匠の柱・長押形の突出が少ない点が伏見城の建てられた慶長期の特徴と異なると指摘されており、内部においても1952年に解体修理が行われた際に門の部材からは伏見櫓に見られたような墨書や移築の痕跡が確認できなかったことにより移築を否定する見解が示されている。 ...
  • 壁仕上げは白漆喰総塗籠で長押形を施している。 ...
  • 外観は長押形で飾られた白漆喰総塗籠の外壁仕上げの各重に千鳥破風、唐破風を配置した外観である。 ...
  • 外壁は白漆喰塗籠で、窓と狭間の上下に長押形を施し、また屋根瓦には寒冷地のため銅瓦を葺いている。 ...
  • 最上重屋根の入母屋破風以外には破風はなく、各階外壁には2条の長押形を施し、軒裏は白木造りで、屋根は銅板葺であった。
  • right|thumb|200px|長押形right|thumb|200px|外廻縁高欄城によっては、小さめの多重櫓を小天守や副天守また小天守との間程の規模のものを中天守などといい、姫路城天守群のように小天守が複数ある場合には方角を冠することもある。 ...