長い夏休み

39 の用例 (0.00 秒)
  • 五月になって、最後の期末試験が終わると、大学は長い夏休みに入った。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 通常教育機関よりはるかに長い夏休みの、最後の数日を消費して。 FlyingShine『CROSS†CHANNEL †3 2,「たった一つのもの(2週目)」』より引用
  • 先月の終わりから、海軍の教育機関はことごとく長い夏休みに入った。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 明日から終わりが見えないくらい長い夏休みが始まる。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • 長い夏休みのあと、はじめて学校へ行く日というものは、何となくみょうなものだ。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • 長い夏休みをもてあまして、一度東京へ帰ったことがあった。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • 長い夏休みを前に、別れを惜しむという気配がみじんもなかった。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 長い夏休みを、このホテルで過ごしているらしかった。 喜多嶋隆『夏物語 In The Summer Wind』より引用
  • 長い夏休みのあいだぢゅう、僕たちはおかあさんの看病をしました。 林芙美子『お父さん』より引用
  • 長い夏休みをはさんだら、キャンパスの人口は自然と半分ぐらいに減っていそうだ。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 01巻 春にしてブラックアウト』より引用
  • 長い夏休みは私と絹代の間にさらに距離を生むだろう。 綿矢りさ『蹴りたい背中』より引用
  • 長い夏休みを、たとえ山や海に出掛けなくても、一日一日と日の過ぎて行くのが惜しい程、私は東京の夏を愛していた。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • 丸二か月という長い長い夏休みをあと数日後にひかえたこの週末の日は、テストもほとんどの授業じゅぎょう終了しゅうりょうしているためか、ゆっくりとぎていくところだった。 桜庭一樹『GOSICK 第4巻』より引用
  • たとえどんな理由があっても、この長い夏休みに一人学校補習へ行くのは精神的によろしくない、と彼は思う。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • いよいよ明日からは長い夏休みに入る。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 折角の長い夏休みにも、めったに会えない二人は、毎日聖書の同じ箇所を読むことに決めていた。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 長編四巻と五巻のあいだに当たる、聖マルグリット学園の静かな、長い夏休み。 桜庭一樹『GOSICK 第5巻』より引用
  • 長い夏休みも終わり、山百合会やまゆりかいのメンバーがやっとリリアン女学園に戻って参りました。 今野緒雪『マリア様がみてる 14 涼風さつさつ』より引用
  • どの顔もこれから始まる二ヶ月という長い長い夏休みに思いを巡らし、よろこびと期待にぴかぴか輝いている。 桜庭一樹『GOSICKs 第2巻』より引用
  • 麻里はそれから長い夏休みが来る度に時間のほとんどをこの国で過ごし、フィリピンやその周辺の国々についての勉強に費やした。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 次へ »