長い吐息

75 の用例 (0.00 秒)
  • 伊三次はぼんやりとそんなことを考えながら、少し長い吐息をついた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • あつちでも、こつちでも、笑ひに疲れた後の長い吐息が聞かれた。 相馬泰三『野の哄笑』より引用
  • 胸板をはだけたままでしばらく長い吐息を繰り返して、体を鎮めている。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • 平介は太く長い吐息をついたが、それでもまだ安心するわけにはいかなかった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 遂に、深い長い吐息を一つつくと、彼は靴を取り上げて、また仕事にかかった。 ディケンズ・チャールズ『二都物語』より引用
  • 二口三口紅茶を飲んだ後、ふうーっと長い吐息をついた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • ニヤッと笑うレインをしばらく眺め、ミシェールは長い長い吐息といきをついた。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 私は、自分の腑甲斐なさに、意志の力の絶無なのに、長い吐息をして歎いた。 佐藤垢石『泡盛物語』より引用
  • と彼も仰向いて、胸のなかの憎しみを吐き出すように天井へ長い吐息をしてから訊いた。 三浦哲郎『愛しい女』より引用
  • 不破は鼻先で皮肉に笑ったが、その後で、少し長い吐息をついた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • マルス伯爵が、長い吐息をもらしたのは、さらにしばしの沈黙のあとである。 栗本薫『グイン・サーガ 004 ラゴンの虜囚』より引用
  • 彼は長い吐息といきをついて、うしろへさがった。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 博士は黒板に倚りかかり、長い吐息をしてからほそぼそと呟いた。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-15』より引用
  • 彼女がおののくように長い吐息をもらして、椅子いすの背にもたれる。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 長い吐息が唇から洩れ、それが二度、三度と重なって、五度目には尋常なものに戻っていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12b D-邪王星団2』より引用
  • 伊三次は長い吐息をついた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 女の長い吐息が聞こえ、ささやき声が闇に流れだした。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 苦悶が頂点に達したとき、産婦はふうーっと長い吐息といきをついた。 篠田達明『にわか産婆・漱石』より引用
  • 半分ほど飲むと、満足気な長い吐息をつく。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 彼は、息苦しくなって、火の点いていない煙草を唇の端に貼りつけたまま、長い吐息をした。 三浦哲郎『愛しい女』より引用
  • 次へ »

長い吐息 の使われ方