鏡面反射光

6 の用例 (0.00 秒)
  • この場合には、表面の輝度はちょうど鏡面反射光が来る角度に観察者がいるときにもっとも高くなる。
  • 鏡面反射光の色は白色で、表面に当たった光のすべてをほとんど反射するが、それが照らすハイライトは非常に狭い。
  • 細長い帯と丸い天体とでは形状が相当に異なるが、太陽と正反対の部分だけが対日照と同じく鏡面反射光として明るく輝き、選択的に観測され、見間違えられたと考えれば一応説明がつく。
  • なお望の頃は、コーディレフスキー雲においても満月と同様、その構成する塵の鏡面反射光が観測され、普段より明るく輝く事が期待できる。
  • しかしながら、反射ベクトル R が視点ベクトル V の向きに非常に近い場合のみ、鏡面反射光の項が大きくなる。
  • これは、反射時に視点が反射ベクトルに合っていないならば、cosの高次のべき乗は非常に速く0に収束するので、鏡面反射光は非常に小さくなる。