鎬を削る

全て 名詞
46 の例文 (0.00 秒)
  • それを王都、大都等に昇格させるため、七葉はそれぞれしのぎを削るのだという。 ...
  • 特にチップの関係の技術は、しのぎを削ることになるでしょう。 ...
  • スペインやポルトガルの使節もその少し前に駿府を訪れたのであるから、云わば三国は鎬を削るという状態になっていた。 ...
  • 達成していない状態で登場するシリーズ作品においてもゲーム開始後に達成する可能性がきわめて高くなるよう能力設定がなされているが、初代「ウイニングポスト」においてはユーエスエスケープという同じく強力なスーパーホースと鎬を削ることになる。 ...
  • そして同胞の宿命のライバルであるファウスト・コッピと鎬を削ることになる。 ...
  • ヨーロッパの覇権を狙って各国と鎬を削る。 ...
  • ユーザーは、4つのレーシングチームと自動車メーカーの中から好きな組み合わせを選択し、各レーシングチームが鎬を削るレースを、自らが選択したレーシングチームの監督と共に勝ち抜いて勝利を得る過程を体験することになる。 ...
  • この四年後、警視庁武術試合において、講道館と激しくしのぎを削ることになる古流柔術家たちの一方の雄が、こうして東京へ向かうこととなったのであった。 ...
  • 崖はそもそも波というものの世を打ちはじめた昔から、がッきとくろがねたていて、幾億ひろとも限り知られぬ、うしおの陣を防ぎ止めて、崩れかかる雪のごとくしのぎを削る頼母たのもしさ。 ...
  • セイバーの宝剣としのぎを削るほどに強固だったバーサーカーの疑似宝具。 ...
  • 航空機市場は小型機のA320と737、又は中型機のA350と787との市場となり、今後は僅な注文で鎬を削る状態となった。 ...
  • 二輪ロードレース競技においては他のメーカーと鎬を削る状態となっており、特にロードレース世界選手権ではドゥカティ、ホンダと激しいトップ争いを繰り広げている。
  • 主人公の青年・哲也が玄人として成長していく姿や、数多の玄人たちとの鎬を削る麻雀勝負など、勝負師としての生き様を描く。 ...
  • このシーズンはセビージャFCから新たに加入したセイドゥ・ケイタと出場機会を巡って鎬を削る。 ...
  • テレビ局、広告代理店、スポンサーの三つが、入り乱れてしのぎを削るのだ。 ...
  • 第4回全日本合唱コンクールで関西学院グリークラブは前年の一般部門からこの年新設された大学部門に移ることとなり、それまで別部門で棲み分けをしてきた同志社グリークラブと関西大会で直接対峙することとなり、関西代表の1枠を巡って両団が毎年鎬を削る時代の幕開けとなった。 ...
  • 工業化の進展は「工業力」として数値化され順位付けに影響されるうえ、工業製品がなければ陸海軍の増強や工場・鉄道の建設ができないため、各国は自国の工業力を増やすことに鎬を削ることになる。 ...
  • 次へ