鎌田政近

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 集落背後にある城山は長門城の跡であり、文明年間のころから島津忠弘の代から数代領し、元亀年代には鎌田政近が同城を守っていたとされている。 ...
  • 鎌田政近の次男として誕生、指宿の地頭を務めた。 ...
  • 鎌田政近の嫡子として誕生した。 ...
  • 慶長4年の庄内の乱の際は疱瘡を患っていたために出陣できなかったが、鎌田政近の依頼により相談役となる。 ...
  • 鎌田政近の三男として誕生したが、叔父である相良長信が病身となったため、外祖父である長秀の養嗣子となった。 ...
  • この交渉は、家康側からは義久の上洛が条件として提示されていたが、義久はこれを家臣の鎌田政近や島津忠長・島津忠恒などを代わりに上洛させ、病気や金銭不足、道を修繕中、上洛を準備中などの様々な理由で固辞するなどして、最後まで家康の要求通りに上洛することはなかった。 ...
  • 大友氏は停戦令をすぐに受諾したのに対し、島津氏は家中で激論をかわした末に受諾を決定するとともに、鎌田政近を秀吉のもとへ派遣して、島津は信長の調停にしたがって停戦を守ろうとしたのだが、大友氏側が攻めてきたので、戦争は大友氏に対する防戦であると弁明させた。 ...
  • 天正20年頃、町田久倍、鎌田政近らと共に家臣の知行宛行状に署名しており、老中にもなったことがわかる。 ...
  • 天正14年3月、秀吉は島津氏の使者鎌田政近に対し、島津氏が占領した領地の殆どを大友氏に返還する国分案を提示した一方、4月には毛利輝元に対し、九州攻めのための人員・城郭・兵糧などの準備を指示した。 ...
  • なお、寛永9年に長男・重通が、同20年に次男・重次が死去したため、頴娃氏の家督は鎌田政近の四男・久政を養嗣子として継がせた。 ...
  • 天正14年3月7日、鎌田政近は大坂城において秀吉から肥後半国・豊前半国・筑後を大友へ返還し、肥前を毛利氏に与え、筑前は秀吉の所領とする国分案を提示された。 ...
  • この時、鎌田政近の相談役をしていた川上忠兄は、これを伏兵の元に誘きよせる策略であると気付き追わぬよう進言したが、一部の将は逃げる永仙を勇んで追い、突出し伏兵に散々に討ち取られるに至った。 ...
  • 元亀3年5月、肝付氏との戦闘の際、弟の奈良原広と共に鎌田政近について牛根二川に伏兵し、肝付勢を打ち破った。 ...
  • 父は鎌田政近、母は相良長秀の娘。 ...
  • 父は鎌田政近、母は稲留長秀の娘。 ...