鍛錬所

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • かつて私の父が鍛錬所を持っていて、私は刀を作ったことがある。 ...
  • また、焼失した日本刀鍛錬所は600坪の敷地を新たに用意した上で拡張再建された。 ...
  • 日本刀鍛錬所は太平洋戦争終結とともに閉鎖されたが、その正確な時期については明らかでない。 ...
  • その後、日本刀鍛錬所傘笠亭を松任市に開いて多くの作品を手掛けた。 ...
  • ヴィリンゲンには3つから4つの鍛錬所を付属した精錬所があり、8つから10の工場があった。 ...
  • 大学の昭和20年度予算書内には、款項目として日本刀鍛錬所の独立した項目にて予算が建てられていることが判るが、終戦処理により決算書による表記には明確な記載がなく、昭和21年度予算書には、日本刀鍛錬所の款項目は記されていない。 ...
  • 隅谷の回顧によれば、鍛錬所員には学校より助手として月給50円の給与が支払われており、当時の小学校新任教員の給与と同じくらいであったとのことである。 ...
  • また、鍛錬所員として隅谷興一郎や吉田政之助が鍛錬に励んだ。 ...
  • 明治36年1月に陸軍砲兵工場にある日本刀鍛錬所にて鍛刀を続けるが、3月に東京にて67歳で没する。 ...
  • 刀の鍛錬所は靖国神社の境内に置かれ、島根県仁多郡鳥上村大呂に再興されたたたらが鋼材を供給する事に決まった。 ...
  • 毎年10月に行われるコスモス祭り、地酒の一ノ蔵や刀匠・法華三郎の鍛錬所などが有名で、キャッチフレーズは「花と歴史の香るまち」であった。 ...
  • また、1947年4月13日に行われた「理科移転実施委員会」の記録では、「日本刀鍛錬所所在ノ建物ニ付テ南ノ棟ハ理学科其ノ北ハ工学科最北部ノ棟及小二棟ハ理学科ノ使用スルコト」という記述があることから、少なくとも1945年の終戦直後には廃止されていたのではないかと推測される。 ...
  • 日本刀鍛錬所の所長には、かつて有栖川宮熾仁親王の邸内鍛錬所に仕え、親王の相槌も務めた「卍正次」こと刀匠の桜井正次の子・正幸が就任した。 ...
  • 同年、鍛錬所を開設。 ...
  • 刀匠を志して、高等小学校卒業後、1937年に上京し、栗原彦三郎昭秀の日本刀鍛錬所に入所し、1940年日本刀匠協会展で文部大臣賞を受賞。 ...