録すれ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 想ふに慊堂はその迷庵との最後の会見を録することを忘れぬであらう。 ...
  • 今回の漫遊に関し、所感をつづりたるもの数首あれば、これを左に合録す。 ...
  • いわば夢語りとも言うべき部分の多い伝えの、世を経て後、筆録せられたものに過ぎない。 ...
  • 此種のものは、相当早く筆録せられて居たに違ひない。 ...
  • 又此の船揃ひ中に録せられたる勇士にして全く戰爭に加はらざるものあり。
  • わたくしは休庵が事迹の徴すべきものがあるために、ことさらに此二句を録する。 ...
  • 謂はゞ夢語りとも言ふべき部分の多い伝への、世を経て後、筆録せられたものに過ぎない。 ...
  • その他人の説を引用する場合においては、あるいはその名を録するあり、あるいは録せざるあり。 ...
  • 詩は此に末の一首を録する。 ...
  • 当時の文化はむしろ『書紀』に名を録せられない中流の知識階級によって担われていたと見らるべきである。 ...
  • わたくしは左に逐次にこれを録することとする。 ...
  • 以上、深く内部に入らざるをもって、自ら実視せるにあらず、ただ伝聞のままをここに録するのみ。 ...
  • 私は彼との会話をかきしるすまい。 ...
  • 裴松之とて「事実に反することが明白な説」ならば最初から無視して録しなければいいはずのことである。 ...
  • 棠軒が此人の死を録せなかつたのを見れば、棠軒と門田氏との間には親交が成り立つてゐなかつたかも知れない。 ...
  • そのうち一部いちぶろくする。
  • わたくしは此に其伝記を補ふべき後の一首を録する。 ...