銅合金

59 の用例 (0.00 秒)
  • 一般的には、銅合金製の複数素線に耐摩耗性が高い絶縁体を被覆している。
  • ほとんどのドアノブは真鍮やその他の銅合金でできている。
  • ヒ素・アンチモン・錫の銅合金によって青銅を作るのはこれよりもあとの時代からである。
  • その前後に、スズのような銅合金の構成元素の量と種類によってベル・トーンに影響を及ぼすことが発見された。
  • 組成は 四分一と呼ばれる銀銅合金に近い。
  • 銅合金の着色に使用されたり、銅板の表面に皮膜を作り内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力がある。
  • ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用され、その代表的なものにベリリウム銅合金がある。
  • ヨーロッパによる征服時点で、既に銅と銅合金を使用していたアメリカ文明には、通常銅器時代の区分は適用されない。
  • この用途の場合、刃に銅合金を用いることもある。
  • 補助貨幣では銅や銅合金を中心とした素材が用いられ、素材の価格と製造費用が額面を上回らない様に選ばれる。
  • ベリリウム銅合金はベリリウムの持つ毒性のために代替材料の開発が進められており、実用化されているものもある。
  • 銅合金のうちで亜鉛を30~40%含む溶融点の低い黄銅が適用限界の材料とされている。
  • 煮色液は銅合金の酸化に影響を与えない容器で作られる必要があり、多くは銅容器が使われる。
  • 人類が金属の使用を始めた当初から使われた技法で、古代では自然界に純粋な形で産出する金及び精錬が容易な銀、銅、青銅、黄銅等の銅合金が主に用いられた。
  • ベリリウム化合物には毒性があるので、ベリリウム銅合金についても安全上注意すべき点がある。
  • アルミ合金製や銅合金製は曲げやすく熱伝導性にも優れているため、熱交換器用管、給油管そのほか化学工業用管としても使用される。
  • ナイフスイッチとは、銅合金などで作られた板状の電極を、同じく銅合金などで作られた電極に差し込むことにより導通を得られるようにした開閉器である。
  • 彼はニッケルおよびニッケル-銅合金の研究を進め、先行きに期待の持てる成果を得た。
  • ローマ時代にはキュプリウム・アエスとして知られており、アエスは多くの銅が採掘されたキプロス島からの銅合金および銅鉱石を示す一般的なラテン語の用語である。
  • しかしながら酸化による反射率の低下がみられることや、もともと銅合金がアルミニウムなどに比べて反射率が高くないことから、その後反射望遠鏡の材料はガラスに銀めっきまたは、アルミニウムのめっきにコーティングという方法に変わっていく。
  • 次へ »

銅合金 の使われ方