銃兵隊

64 の用例 (0.00 秒)
  • そこへ代書屋が登場、銃兵隊の三人は代書屋をからかいながら退場する。
  • 権力を握ったソフィアであるが、今度は銃兵隊が新たな脅威となる。
  • しかし同年5月に銃兵隊の反乱が発生し、ナターリアの摂政政府は崩壊した。
  • これとは別にシーチ銃兵隊と呼ばれる組織も存在した。
  • 若い銃兵隊員のクーシカが石柱にもたれ、寝ぼけて歌を歌っている。
  • 角笛を吹いて銃兵隊にマルファを捕らえさせようとするが誰も来ない。
  • ピョートルがモスクワを留守にしている間、銃兵隊がまたしても蜂起する。
  • 銃兵隊にはホヴァーンスキー公を始めとして古儀式派支持者が多く、反乱の成功により勢いをつけた彼等は、政治や信仰の問題に介入し始めた。
  • 碑文には、銃兵隊が在留外国人や反対派の大貴族を襲って正義の鉄槌を下したことが記されてあった。
  • ウクライナ・シーチ銃兵隊は半民武装警察としての機能も持つ一方、オーストリア式の高度な戦闘技能を身につけた精鋭部隊であった。
  • 分が悪いと悟ったか、公はアンドレイ、銃兵隊を伴って退場する。
  • 会談は無事終わるが、宴の最中、新潟奉行所から、新発田藩の銃兵隊数百人が京都へ向かったという知らせが入る。
  • またヨーロッパの銃兵隊は伝統的に隊列を組んだまま指揮官の命令で同じ方向に向けて一斉射撃して弾幕を張る戦法が一般的であったため、命中率やタイムラグは特に問題とはされなかった。
  • これにより編成された部隊はオーストリア・ハンガリー正規軍に組み込まれ、のちにシーチ銃兵隊と呼ばれるようになった。
  • この1682年の銃兵隊反乱及びそれに続く政情不安をロシア史では「ホヴァーンシチナ」と呼んでいる。
  • この名称を持つ最初の近代的軍隊は、1914年にオーストリア・ハンガリー帝国領であったハルィチナーで結成されたウクライナ・シーチ銃兵隊であった。
  • 代書屋はベルゴーロド地区の銃兵隊居住地が、外国人傭兵部隊とピョートル皇帝の親衛隊に襲撃されたことを伝える。
  • その後、シーチ銃兵隊は復活したウクライナ人民共和国の軍隊として活動したが、同国の敗北により一部はポーランドへ亡命し、多くは反革命・反ボリシェヴィキの白軍へ合流した。
  • しかし、その中核となったのはオーストリア・ハンガリー帝国で編成されたシーチ銃兵隊で、西欧式の訓練を受けたこの部隊はウクライナ地域きっての精鋭部隊となった。
  • ウクライナ内戦ではどの赤軍、白軍等どの軍隊も一般に練度が低く戦術も稚拙なものであったが、その中でシーチ銃兵隊は特に有力な軍隊であると言えた。
  • 次へ »

銃兵隊 の使われ方