銀河中心殴り込み艦隊

17 の例文 (0.00 秒)
  • 任務の内容については、銀河中心殴り込み艦隊内でも極秘とされていた。 ...
  • しかし、もし、銀河中心殴り込み艦隊が、怪獣たちの前に敗北したなら。 ...
  • 銀河中心殴り込み艦隊の技術を入手するという目的など、問題にならないほどの事態であった。 ...
  • 銀河中心殴り込み艦隊以外の誰も見たことのないガンバスター。 ...
  • これほど巨大な戦艦でも、銀河中心殴り込み艦隊にとっては、中程度のクラスだったといわれている。 ...
  • 地球帝国宇宙軍所属の零等軍艦で、銀河中心殴り込み艦隊の旗艦である。 ...
  • すべての力を、銀河中心殴り込み艦隊に向けていた地球は、なすすべもなく怪獣たちの餌食となってしまう。 ...
  • しかし従来のマシーン兵器に比べ、遥かに優秀であり、銀河中心殴り込み艦隊の主力マシーン兵器に採用された。 ...
  • 投入される作戦の趣旨と、特攻爆弾兵器としての性質、そして銀河中心殴り込み艦隊との合流の成功率との兼ね合いから無人機とするか有人機とするかで意見が分かれ、どちらにも対応できるように建造されていた。 ...
  • 本来は地球脱出用に建造されていたが、人類が地球脱出を断念したため、軍艦として兵装が強化された後にカルネアデス計画「銀河中心殴り込み艦隊」の旗艦となる。 ...
  • かつて、人類をおびやかした宇宙怪獣に対して、地球では持てる科学・工業力のすべてを費やして、銀河中心殴り込み艦隊を結成した。 ...
  • しかし、当時の彼らは、海賊というよりは植民星間の密貿易商人であり、銀河中心殴り込み艦隊と、『カルネアデス計画』の準備に疲弊ひへいしていた地球政府は、経済を活性化させる要因のーつと見なし、必要悪として黙認していた。 ...
  • 銀河の核宙域へ到達する前に銀河中心殴り込み艦隊から、新鋭戦艦ツインエクセリオン級二隻、スーパー・エクセリオン級四隻、第三世代の重巡洋艦マックスウェル級四隻の別動隊が、銀河辺境へと散っていった。 ...
  • 「あの銀河中心殴り込み艦隊の、行方不明になった戦艦なんだって」 「ふーん」 アレナスは、秘密を打ち明けられたというのに、大した感想が浮かばなかった。 ...
  • そしてタシロ提督は、地球帝国総督府の命令に従い、銀河中心殴り込み艦隊の中から、ほんのわずかな戦力をさいて、指令をくだした。 ...
  • 銀河中心殴り込み艦隊の主力戦艦。 ...