鉢タタキ

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • その鉢たたきが来ぬようになるともういつの間にか春らしくなっていて夜の景色が朧である、というのであります。 ...
  • 去来は京都に住んでいたのであるから冬中その鉢たたきの音を淋しく聞いていた、それがこの句を生んだ主な理由でありますが、春の夜になって心のときめくを覚えるにつれてもこの冬中耳について離れなかった淋しい鉢たたきを思い出すところにこの作者の地味な心持が伺われるのであります。 ...
  • 然し人形と全然關係のない萬歳・ササラ・鉢たたき・春駒等の人々も同じやうに下賤の者と見られてゐるのを考へれば必らずしも人形のみがその原因とは信じ難い。 ...
  • 鉢たたきというのは京都の空也念仏くうやねんぶつの僧が瓢箪ひょうたんをたたいて冬の間夜になると洛内らくない、洛外を歩きまわり米銭を集めるものでその鉢たたきが来なくなるといつの間にか朧になって春めいているというのであります。 ...
  • 鉢たたきというのは京都にあるもので、旧暦の十一月十三日から四十八夜の間瓢箪ひょうたんをたたき空也念仏くうやねんぶつを唱えて歩くもので、極めて卑近なぎょうをして俗衆を教化しようとした空也上人の衣鉢いはつを伝えたものであります。 ...
  • 同寺に属する「声聞師」たちは、「猿楽」、「アルキ白拍子」、「アルキ御子」、「鉢タタキ」、「金タタキ」、「アルキ横行」、「猿飼」といった国内の「七道者」を支配し、各地から来た彼らから金銭を受け、そのかわりに巡業の手配を行ったとされる。 ...
  • 鉢叩き、鉢タタキ、鉢敲とも表記する。 ...
  • 皮なめし、かわら焼きの職人だの、なにやらジュウジュウ獣肉を焼いてひさぐ屋台だの、修験者しゆげんじや、歩き巫女みこはちたたきの小屋などが、ひしめき並んでいる貧しげな一画である。 ...