鈍色

全て 名詞
294 の例文 (0.01 秒)
  • 時雨しぐれのような寒い雨が閉ざし切った鈍色にびいろの雲から止途とめどなく降りそそいだ。 ...
  • 鈍色にびいろの曇り空をそのまま映した貧しい水田と、その泥にまみれた百姓と牛。 ...
  • 鈍色の光の中に座っていると、定九郎は時折、奇妙な幻想に取り憑かれる。 ...
  • 重い鈍色にびいろの鉄の矢が、白い服に突き立っていた。
  • ゆうべよなか近くなってから考えた「鈍色の夢」の筋書を母上にお見せする。 ...
  • 行っても行っても果しのない、鈍色にぶいろに光った道路が、北川氏の行手に続いていた。 ...
  • 星や月の気配を感じさせる明るさが、鈍色にびいろの天に潜んでいる。 ...
  • 景行のいる場所を大きくはずれて、鈍色の刃物は飛び去っていった。 ...
  • 鈍色にびいろの空を覆った無数の微細な雪が闇に溶けたとき、日暮れを知る。 ...
  • かれらは、黙ったまま、鈍色にびいろに光るいだ海の方に眼を向けた。 ...
  • 彼が顔を上げると、鈍色に光る魔法光がすうっとアンの手の中に消えていくところだった。 ...
  • 準備をしていない者は、灰色の脳細胞は灰色のままだし、鈍色にびいろの眼はいつまでも鈍色のままであろう。 ...
  • この日は昼になっても頭上の空は鈍色にびいろかげり、いつ雪が降り出しても不思議ではない空模様であった。 ...
  • うすく開いた鈍色にびいろのまぶたから、まるで涙のように真新しい血が流れ出した。 ...
  • 一センチ、また一センチと鈍色の金属に形を借りた殺意が降ってくる。
  • 鈍色にびいろのお召物は、少女のようなかわいいお顔にまだしっくり、しない。 ...
  • フロントガラスの中に、湖岸の裸になった樹々の梢が見え、空は鈍色にびいろである。 ...
  • 次へ