鈍色の雲

17 の例文 (0.00 秒)
  • 早朝には晴れ渡っていた空は、どんよりとした鈍色の雲に覆われていた。 ...
  • 鳥の姿は消え、ついさきほどまで見えていた山々が鈍色にびいろの雲に覆われていた。 ...
  • 空は相変わらず鈍色にびいろの雲に覆われており、辺りはどんよりと薄暗かった。 ...
  • 時雨しぐれのような寒い雨が閉ざし切った鈍色にびいろの雲から止途とめどなく降りそそいだ。 ...
  • 空は鈍色にびいろの雲におおわれていた。 ...
  • 鈍色にびいろの雲から白いかけらがこぼれるように落ちてきて、白一色の中に溶けこんでいく。 ...
  • 雪は昨夕方義母のもとを訪ねたときより小降りになっているが、空は鈍色にびいろの雲におおわれて、昼とは思えぬ暗さだった。 ...
  • 空は重い鈍色にびいろの雲に閉ざされていた。 ...
  • この日は終日曇天で、レマン湖の湖面に鈍色にびいろの雲が影を落し、日支の関係を象徴しているかのようであった。 ...
  • 鈍色の雲に少し明るみが差して、うすれ日が幽かに洩れて來た。 ...
  • 十一月のパリは昼間は空が鈍色に曇り、その鈍色の雲の間から、まぶたに重いほどの微光が石畳の上に落ちてくる。 ...
  • 折り重なった鈍色の雲のかなたに夕日の影は跡形もなく消え失せて、闇は重い不思議なガスのように力強くすべての物を押しひしゃげていた。 ...
  • 折り重なった鈍色にぶいろの雲のかなたに夕日の影は跡形もなく消えうせて、やみは重い不思議な瓦斯がすのように力強くすべての物を押しひしゃげていた。 ...
  • 鈍色にびいろの雲が空を覆い、辺りはどんよりと薄暗かった。 ...
  • 狭い窓からわずかにのぞく空には北国特有の鈍色にびいろの雲が低く垂れこめ、今にも泣き出さんばかりの空模様であったが、その冬景色を詠みこむゆとりを見せる者さえあった。 ...
  • あけて三十一日、祐亨は全艦をふたたび港口へ十海里まで迫らせて敵艦を監視させつづけたが、この日は午前十一時から濃密な鈍色にびいろの雲が空をおおい、北風が吹雪を呼んで海上には逆浪が渦を巻いた。 ...