鈍色の夢

11 の例文 (0.00 秒)
  • 三月にならないうちに「鈍色の夢」も書けなければならないのである。 ...
  • ゆうべよなか近くなってから考えた「鈍色の夢」の筋書を母上にお見せする。 ...
  • 「貧しき人々の群」の中に「鈍色の夢」を入れて仕舞った方がよかろうと思う。 ...
  • 「鈍色の夢」の筋に関しての御意見 一、非常にアンビシャスなもので、勇気をもってやって見れば立派に出来れば大したものだ。 ...
  • 二月中に「貧しき人々の群れ」を書きあげなければ「鈍色の夢」を書いて居る暇がないであろう。 ...
  • 九月中には、胚胎を訂正し、次の月には、何か一つ出来たら書き、若し出来兼ねたら、鈍色の夢をも一度見なおさねばならない。 ...
  • 「鈍色の夢」はどうしてもツルゲネフの影響をうけるらしい。 ...
  • 「鈍色の夢」に関して少し考える。 ...
  • 千葉先生のところへ御返事をあげたいと思ったけれども、十七日午前に坪内先生のところへあがるのに、少しは考えもまとめて置きたいと思うので何だか落付けない、題も「鈍色の夢」は何だか虚無的でいけないから「彼方に遠く」としようかしらんとも思う。 ...
  • 「鈍色の夢」はこまかいプランをたてて見よう。 ...