鈍色の光

6 の例文 (0.00 秒)
  • 鈍色の光の中に座っていると、定九郎は時折、奇妙な幻想に取り憑かれる。 ...
  • その上空で <核> は鈍色にびいろの光を放ちながら回転していた。 ...
  • さっきまでの狡猾さが消え、古い沼の底から昇る毒気を含んだ瘴気しようきにも似たにび色の光が宿っていた。 ...
  • うれい顔の横顔が、鈍色にびいろの光の中に溶けて、バルビザンデは、そのまま彼が消えてしまうかと思った。 ...
  • 焼け残った皇帝は、光のかげんで多彩な花やぎを内に秘めた黒曜石のような釉肌に衣のひだのはしばしまで繊細な網目のように埋めこまれた銀線が鈍色にびいろの光を放って描き出す冬の司神像、黒帝であった。 ...