鈍色

全て 名詞
294 の例文 (0.02 秒)
  • 男の手の触れた場所が金属に変化し、鈍色にびいろの帯となって葉に向かって走る。 ...
  • 早朝には晴れ渡っていた空は、どんよりとした鈍色の雲に覆われていた。 ...
  • 鳥の姿は消え、ついさきほどまで見えていた山々が鈍色にびいろの雲に覆われていた。 ...
  • 傾いた日の中にケネット河が鈍色にびいろの帯を解き捨てたようにうねっていた。 ...
  • 一か年真黒まっくろな服を着ていた麗人たちの薄鈍うすにび色に変わったのもえんに見えた。 ...
  • 大阪城上空の雲は重い鈍色にびいろを発し、少しずつ夜の気配に染まりつつある。 ...
  • 次々と落ちてくるそれを見上げていると、鈍色にびいろの空に吸い込まれていくようだ。 ...
  • 空は相変わらず鈍色にびいろの雲に覆われており、辺りはどんよりと薄暗かった。 ...
  • 先ほどまで雲一つなかった空がにかわを混ぜたような重い鈍色にびいろに変わっている。 ...
  • 三月にならないうちに「鈍色の夢」も書けなければならないのである。 ...
  • 源氏のほうは中将よりも少し濃い鈍色にきれいな色の紅の単衣ひとえを重ねていた。 ...
  • 純然たる尼君のお住居すまいになって、御簾みすふちの色も几帳きちょうにび色であった。 ...
  • アブサロムの体のほとんどが、関節のみを残して鈍色にびいろよろいに覆われた。 ...
  • 銃架には新旧様々な銃が並び、その暗い鈍色にびいろをひっそりと光らせていた。 ...
  • 彼は眼を、ダブリンへ向って曲りくねって流れて行く鈍色に光る河へ転じた。 ...
  • 破風はもうそれほど高くそびえてもいないし、古びたにぶ色になっていました。 ...
  • 一センチ、また一センチと、鈍色にびいろの金属に形を借りた殺意が降ってくる。
  • 次へ