針生一郎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 「パロディは見る側の自由な批評の一つであり著作権として認めるべきで、もっと発展させていかなければいけない」という美術評論家、針生一郎の意見などもあったが、東京地裁は白川勝訴の判断を下した。
  • 東野芳明、針生一郎と並んで「美術評論の御三家」と呼ばれた。
  • カバーには「SF風冒険小説」とのキャッチコピーが記載されており、文芸評論家の針生一郎は本作について「SF的手法を用いて生命と性の本質を探った力作」と評している。 ...
  • 中村正義は山本正雄と共に針生一郎を訪ね、展覧会実現の要請を図り、針生はとする事を前提に承諾。 ...
  • 日本では、美術評論家の針生一郎が『アンブレラ』を1991年間の国内美術展覧会のベスト5のひとつに選んでいる。 ...
  • また、ドキュメンタリー映画『日本心中 - 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男』へ出演し、話題となった。 ...
  • 針生一郎、丸木位里ら30名が東京展市民会議から退会。 ...
  • 解散時の議長は針生一郎。 ...
  • 大戦後に特価本、カストリ雑誌専門の出版社に勤務する傍ら、日本文学学校に学び野間宏、針生一郎両氏に強い影響を受ける。 ...
  • また、父は土方巽・大野一雄・麿赤兒・唐十郎・李麗仙・杉浦明平・丸山静・松澤宥・池田龍雄・針生一郎・ヨシダ・ヨシエ・中原祐介・中村英樹などと交友があり、自宅を訪れるこれらの人々の影響も受けた。 ...
  • 針生一郎らを招き「出品者懇談会」を行った。
  • また美術評論家の針生一郎にも絶賛され、東京都京橋の東邦画廊で遺作展を繰り返し瀬木慎一、ワシオトシヒコ等美術評論家より高い評価を受けた。 ...
  • 開館披露には美術評論家の針生一郎や今泉篤男、画家の岡本太郎、前田常作、元永定正らが国鉄上野駅発の急行「佐渡」号で駆けつけた。 ...
  • 四方義朗とスタイリスト原由美子の対談から始まり、都市評論家の海野弘、映画評論家の川口敦子、美術評論家の針生一郎、ファッション評論家の川本恵子、映画ライターの金子裕子、音楽評論家の冨谷正博が寄稿している。 ...
  • 会員は、瀧口修造、中原佑介、針生一郎、高松次郎、中西夏之、石子順造、大島辰雄、羽永光利、今泉省彦らであった。 ...