釘ヅケ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 大ホールではほとんどの者が黙って表示窓に視線を釘づけにされていた。 ...
  • 少し離れた場所にいる楓と古さんもこの試合に目を釘付けにされている。 ...
  • しかしハリーの目は、いちばん高い塔の下の地面に釘づけになっていた。 ...
  • ・・・30分後・・・ テレビに釘付けになっている自分に気がついた。 ...
  • 家が釘づけになつてゐるなどと、見て来たやうなことを言ふ人もあつた。 ...
  • そしてあるページに書いてあることばに目がくぎづけになってしまった。 ...
  • 余の首が肩の上に釘付くぎづけにされているにしてもこれでは永く持たない。 ...
  • わしらを都市の中に釘づけにしておる強迫観念を分析しようというんじゃ。 ...
  • 彼はただ、狂暴な憎悪をこめた目を相手に釘づけにしているだけだった。 ...
  • 魂が割れ砕けるようなその声に、誰もが皆一瞬その場に釘付けになった。 ...
  • テントに釘付くぎづけとなった私たちに出来ることは、食べることだけだった。 ...
  • キリストを釘付くぎつけにしたのは彼等かれらばかりでく、人類全体じんるゐぜんたいなのである。 ...
  • 牛は釘づけになっているのではなく、じっと彼を見つめ、ねらっていた。 ...
  • その輝きを失った目がアリスの手にしている着色写真に釘づけになった。 ...
  • 吉保は恐怖のあまり、目は畳にくぎづけになり、声を出すこともできない。 ...
  • いつまでも釘づけにされていては、そのうち誰かに見つかってしまう。 ...
  • 誰もなんともいわないで、縁側の上に釘付にされたように立っていた。 ...