釘ぬき

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そのために見かけでは釘抜きの先端に接合胞子嚢を挟んだような形となる。 ...
  • こんな仕事ができるような釘抜きをもっているのは奴だけだ。 ...
  • 壁からとびだしてきてひとりでにはたらく、生きた釘ぬきのようだった。 ...
  • 私は一旦家の中に戻ると、また水尻夫人に云って釘抜きを借りた。 ...
  • 玄三郎は釘ぬきヽヽの形をした抜歯器を手にするとぐいヽヽと犬歯をつかんだ。 ...
  • 古くから知られている代表的な造形として右の「釘抜き」がある。 ...
  • しかしディゴリーは、それがはがねのくぎきのように強いのを感じました。
  • ポケットのなかに金槌とのみと釘抜きとを入れておきます。 ...
  • 荒木が命令すると待機していた刑事が釘抜きを探しにいった。 ...
  • 小刀の刃の部分のようだが、先端せんたん釘抜くぎぬきのように曲がっている。 ...
  • 釘抜きの二つの刃はアヴィンの村に確実に向かっていた。 ...
  • 私の仕事ですから、ポケットの中に金槌かなづちたがね釘抜くぎぬきとを入れて置きます。 ...
  • 私は目についたくぎぬきのうちのもっとも丈夫そうなのをえらんできて、仕事にかかった。 ...
  • 右手の黒い革の手袋を取ると、物凄いくぎぬきのような人造手が現れた。 ...
  • 一瞬静止した釘抜きは、ほとんど鉄の重さだけで振りおろされたように見えた。 ...
  • カアネギイは釘抜きで鼻先きを捻ぢ曲げられたやうな顔をして苦笑ひをした。 ...
  • 狼男は両手でその釘抜きの柄をもって、かっと上顎と下顎をひらいてみせた。 ...