金鱗湖

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • また、湖の乾き残りが金鱗湖となったという伝えもある。 ...
  • 現在は、大分県由布市の由布院温泉にある金鱗湖近くの水路のみに生息している。 ...
  • また、由布院盆地は古くは大きな湖であり、金鱗湖はその名残であるとの言い伝えがある。 ...
  • 六年前に来た時、例の汚い宿で、金鱗湖のこいは名物であるから見て来いと勧められて、夜おそくなって見に行ったことがあった。 ...
  • それで庭などを造るにも、金鱗湖とか、その向うの由布山の密林とか、裏の田とかいうものが注意して背景としてとり入れてあった。 ...
  • 名所の一つが、金鱗湖という湖だったが、タクシーから見る限り、平地にある、何の変哲もない小さな湖だった。 ...
  • 伯父の家は、金鱗湖きんりんこという小池のふちの茅葺かやぶきの家である。 ...
  • また金鱗湖に映る由布岳の美しさや、自然豊かな温泉郷は観光客に広くアピールするところとなり、九州の軽井沢といわれた。 ...
  • 金鱗湖脇には一般客も入浴できる簡素な下ん湯がある。 ...
  • 由布市の由布院温泉にある金鱗湖は、水から跳ねる魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て、1884年に空桑が名付けたものと伝えられている。 ...
  • この池は、由布岳の麓にあることからかつては「岳下の池」、「岳ん下ん池」と呼ばれていたが、1884年に儒学者の毛利空桑が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられている。 ...
  • 例えば、別府の観光開発に尽力した油屋熊八は、1922年に歓楽的な温泉都市別府の亀の井ホテルとは別に、由布岳の麓にある金鱗湖の畔に内外からの著名人を招き接待する私的な別荘を建て、静かな温泉地由布院を「別府の奥座敷」として開発している。 ...
  • thumb|230px|由布院駅前から望む由布見通りと由布岳 由布院駅から温泉街の方向に延びる通称「由布見通り」や、そこから金鱗湖に続く「湯の坪街道」には、しゃれた雑貨屋やレストランが並び、周辺には各種の美術館が点在する。 ...
  • thumb|280px|金鱗湖 thumb|280px|湯平温泉 旧湯布院町にある温泉街は歓楽街を廃した町並みが特徴で、「東の軽井沢、西の湯布院」といわれる。 ...
  • thumb|240px|金鱗湖 thumb|240px|マルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館側からの風景 thumb|240px|金鱗湖と湖畔の天祖神社 金鱗湖は、大分県由布市の由布院温泉にある池である。 ...