金色に染め

105 の用例 (0.00 秒)
  • 「金髪ヌード」は、髪の毛だけではなく、下の毛も同じ金色に染めていた。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • セーターの色と相まって、金色に染めた髪が、いつにも増してど派手に見える。 楡周平『フェイク』より引用
  • 短く刈った髪を金色に染め、いかにも借り物といったふうなスーツを着ている。 角田光代『夜道の家族』より引用
  • 昨日の帰り道、床屋に寄って髪を以前のように金色に染めていたことも功をそうしたらしい。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • バレエの先生は五十代の男性だったが、髪を金色に染めていて、長崎の中ではおそろしく目立った。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 年のころ、四十五歳ぐらいで、髪を金色に染め、厚化粧をしていたが、涙がとめどもなく流れていた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 夏休みの終わりに髪を金色に染めたり不登校になるなど、周囲の人間に対して反発するようになる。
  • つまり、髪を茶色や金色に染めていることを言うらしい。 喜多嶋隆『ブラディ・マリーを、もう1杯』より引用
  • よくよく見れば化粧気のない顔にはしみが浮き出ているし、金色に染めた髪は乾いてぱさついている。 角田光代『太陽と毒ぐも』より引用
  • OLを挟んだカウンターの向こう側、そこに髪を金色に染めた若者と、丸坊主にした若者がいる。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 今は梅や金色に染められた柳なんかと一緒に剣山けんざんに刺されて、とこを飾っている。 今野緒雪『マリア様がみてる 23 くもりガラスの向こう側』より引用
  • カレロスへと続く道は常緑樹の森を通り、朝の木漏れ日が木々のあいだの地面を金色に染めていた。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 御影の金色に染めた髪の毛は腰まで、おまけに縦ロール、手の込んだ髪型だ。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • 金色に染めたかみが肩にこぼれ、遠目にも綺麗きれいな人だとわかる。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • 曙の光は、ものみなを金色に染めたが、彼女だけを急に悲しげに蒼白く浮きたたせた。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • それはいくつもの光の束になって、暗い空を斜めに切り取り、薄汚れた街路を金色に染めた。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • 髪を金色に染め片方の耳にピアスをしているという、一風変わった編集者だが、彼がどのように変身するか楽しみである。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • いつか雨は上がり、西日が部屋の中を金色に染めていた。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • 髪ば金色に染めて、眼ェの見えんのがおったろうが。 山崎朋子『サンダカン八番娼館』より引用
  • 外国人のように金色に染めている。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 次へ »

金色に染め の使われ方