金色に染め

105 の用例 (0.00 秒)
  • 髪を金色に染めた小柄な男子が、怪訝そうに俺の顔を覗き込んでくる。 松野秋鳴『えむえむっ! 第05巻』より引用
  • 夕日が向こう側の家々の階上の窓を、真紅色を帯びた金色に染めていた。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • 妻に似て大柄で太った克美は、髪を金色に染め、派手な化粧をしていた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • ハッチが開き、髪を鮮やかな金色に染めた戦車長が敬礼を送ってきた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • 金色に染められた大きな肱掛椅子ひじかけいすの中で、彼女は身動きもしなかった。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 髪を金色に染めた小柄な男子が、血相を変えて俺のところに駆け寄ってきた。 松野秋鳴『えむえむっ! 第05巻』より引用
  • 髪の一部分を金色に染めているバカ息子とは思えない発言である。 清水義範『家族の時代』より引用
  • 背後の太陽が彼女の髪の先を金色に染めていた。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • ちらりと視界をかすめたのは、鏡に映る髪を金色に染めた泣きそうな子供だ。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 現在の髪の長さは中程度で金色に染めている。
  • 本作では役作りのため髪を金色に染めている。
  • マンションに戻ると、窓から見渡す『学園島』を夕陽ゆうひが金色に染めていた。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • 男達はペニスに香水を振りかけて髪を金色に染めた女達の海へ船を浮べるだろう。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • 兄は二つ年上で子供のころからかみを金色に染めていた。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • 広島時代には髪を金色に染めて登板し注目を集めた。
  • そろってぐしゃぐしゃの金色に染めた髪と、耳だの鼻だのにピアスをしている。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 寒さにこごえながら、朝日が街を金色に染めてゆく様子を眺めた。 野尻抱介『ふわふわの泉』より引用
  • 高くて細い窓の前にテーブルと腰掛けがおいてあり、青白い冬の日差しが石の床を金色に染めていた。 エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』より引用
  • 頭髪を金色に染めた若い男が、不意に何かを私に突き出した。 有栖川有栖『あるYの悲劇』より引用
  • すべての空とすべての大地のはざまにあって、彼らはまじりけのない金色に染められていた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 次へ »

金色に染め の使われ方