金星紅旗

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 金星紅旗は、統一ベトナムの原点であるベトミンの旗が基になっている。 ...
  • また現在まで続く「稲穂と車輪に金星紅旗」の帽章もこの時制定された。 ...
  • ベトミン時代の金星紅旗は現在のものとほぼ同じであるか、五芒星のデザインが若干異なっていた。 ...
  • 革命政府旗とならんで、はやばやと北ベトナムの金星紅旗を掲げている家も多い。 ...
  • ベトナム国外における黄底三線旗の扱いは、1995年7月11日の正常化に伴い、アメリカ国内の公的な場所で金星紅旗が掲揚されるようになってから変化し始めた。 ...
  • ベトミンの旗は1945年にベトナム民主共和国が成立すると国旗として引き継がれ、1955年に五芒星のデザインが修正され現在の金星紅旗が誕生した。 ...
  • 黄底三線旗を使用する人々はベトナム共産党政府が使用する金星紅旗をベトナム国旗として否定したが、ベトナム難民の最大受け入れた国であるアメリカがサイゴン陥落以降統一ベトナムと国交を有さなかった為、ベトナム国旗を巡る問題は1995年まで特に問題とならなかった。 ...
  • 現行国旗の金星紅旗は、ベトナム社会主義共和国憲法第1章第13条第1項によって規定されている。 ...
  • なお、ベトナム人民軍の軍旗は、金星紅旗に人民軍のスローガンを追加したデザインとなっており、組織によっては五芒星の下に更なる単語を追記している。 ...
  • また、かつて南ベトナムに存在した南ベトナム共和国の国旗は、ベトナム労働党の指導下にあったベトナム民族解放戦線の旗を流用したもので、金星紅旗の赤地の下半分を南ベトナムの象徴である水色に置き換えたデザインとなっていた。 ...
  • ベトナムの国旗は、東南アジアにあるベトナム社会主義共和国が1976年7月2日から使用している金星紅旗と呼ばれる旗である。 ...
  • このとき、ベトミンが金星紅旗をあげるなかマイクを奪い、「独立万歳」、「打倒ファシスト」、「日本は独立をやってくれたがこれからはみんなで働こう」といった声があがった。
  • その後、1976年7月2日に北ベトナムが南ベトナムを吸収統一してベトナム社会主義共和国が成立すると、国章と異なり国旗は北ベトナム時代の金星紅旗がそのまま流用され現在に至る。 ...
  • ベトナム社会主義共和国は、ベトナム共産党の党旗が「鎌と槌」で、国旗は「金星紅旗」である。 ...
  • なお、中華人民共和国の国旗は「五星紅旗」、ベトナム社会主義共和国の国旗は「金星紅旗」という。 ...