金完燮

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 金完燮は西尾幹二との対談で、このドキュメンタリーについて言及している。 ...
  • 韓国で、独島は日本のものであると主張した金完燮氏のコラムに誹謗中傷を書き込んだ者が不起訴処分になったという事例があった。 ...
  • 文書を受け取った一部の国会議員と市民は、その場で彼に非難を浴びせ、検察に行って金完燮を告訴した。
  • 朴に暴行を受けて被害者になった金完燮は、次は「金完燮処断者」として歴史に名を残そうとしているようだと皮肉を述べた。 ...
  • 鄭現太検事は、金完燮の起訴は国史編纂委員会と国家報勲処資料を綿密に検討してから下した決定だったと話している。 ...
  • 金完燮『日韓「禁断の歴史」』によれば、福田赳夫が韓国を訪問した際、酒席において日韓の閣僚たちが日本語で会話をしている最中、韓国側のある高官が過去の日本統治時代を批判する旨の発言を始めたところ、その高官をなだめた上でこう語っていた、としている。 ...
  • また、ソウル高検は「金九が罪のない日本人を殺害した」と主張した文書を配布したとして、金完燮を虚偽事実流布罪による名誉毀損で職権起訴している。 ...
  • 前述の趙英男や『親日派のための弁明』を著したことで韓国内で猛烈な非難を浴びた上に名誉毀損と外患煽動の容疑で告訴され一時逮捕された金完燮のように親日派を自ら名乗る人物も現れた。 ...
  • 金完燮はソウル高等検察庁から在宅起訴処分を受けた。 ...
  • ソウル高等検察庁の鄭現太検事は、7月27日に白凡・金九先生の名誉を毀損した疑いで小説『親日派のための弁明』の作家・金完燮を在宅起訴したと発表した。 ...
  • また、コラムに対して脅迫するコメントなどを書き込んだ1000人以上を訴えるが、ソウル中央地方検察庁は、金完燮が社会通念を逸脱する内容の文章を掲載し、自ら中傷や非難を誘発した面があり、それに対する書き込みは脅迫でなく叱責と解釈されるとし、不起訴処分とした。 ...
  • ジャーナリストの池東旭と評論家の金完燮によると、盧武鉉がこのような強固な反日政策をしたのは、韓国社会の主流が、日本統治時代に生まれた日本語世代から、戦後から日韓国交正常化までに激しい反日教育を受けたハングル世代へと入れかわったため、としている。 ...
  • このような「自主規制」を行わなかった『親日派のための弁明』を書いた金完燮は、国中から猛烈な非難を浴びたうえに、名誉毀損と外患煽動の容疑で逮捕・告訴され、『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』の著者趙英男は番組降板・公開謝罪に追い込まれている。 ...
  • 金完燮によれば、ベトナム戦争に大韓民国国軍を2個師団プラス1個旅団の延べ31万名、最盛期には5万名を派兵した。 ...
  • 「親日派のための弁明」の著者金完燮はインターネット上で、金乙東の祖父金佐鎮について、「金佐鎮は李氏朝鮮時代ならまさに山賊一味の頭目」「金佐鎮のせがれは、国会で肥溜めの中身を撒いたりしたやくざ者」と言及した。