金を貯める

40 の用例 (0.01 秒)
  • 左吉のような性格の男に、余分な金を貯める才能があるわけはなかった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 02 江戸の子守唄』より引用
  • 一生使いきれないぐらいの金を貯めて、あとで見返してやるんだってね。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 勤めていた店を襲撃され、建作は別の方法で金を貯めることとする。
  • 自分のために金を貯めている話を聞いて、何も感じない福子ではない。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 女たちの多くの、この日本へ来た目的は、ただ金を貯めることだけだ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇3 キャリアウーマン』より引用
  • 成程、老舗らしく店がまえも重厚で、かなり金を貯めている感じがある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 01』より引用
  • 母が進学のために金をめていることを知っていたが、高校に行く気はなかった。 花村萬月『ブルース』より引用
  • 渡るに必要な金を貯め、そうして兵士たちのいるここへやってきた。 三上於菟吉『曲れる者』より引用
  • 高校を卒業すると、彼は小さな鉄道で制動手として働き、金を貯めた。
  • ついにジョニーはその想いに耐えきれなくなって、金を貯めて日本へ来た。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 夫婦共通の目的があって金を貯めているのではなかった。 平岩弓枝『湯の宿の女』より引用
  • 彼は、ここから出たら、金をめ、この詩集を出版する予定をたてていた。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 彼は一年間、金をめては劇団活動でその金を四散させるのである。 色川武大『なつかしい芸人たち』より引用
  • ヨーロッパに出て行くためには、まず金を貯める必要があった。 海老沢泰久『F1走る魂』より引用
  • あたしがどれだけ苦労して金を貯めたと思ってるのよ。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 五千円から二万円の金をめ、内地に帰る途中、輸送船と共に沈んだ者も多い。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • 少しでもまとまった金を貯めて市川へ帰ろうとしていた男であった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • 初期の街であっても金を貯めることさえできればかなり強力な武器を手に入れることができる。
  • 十年余りも働いた金を貯めて、やっと請け出した女房だといった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 女たちは体を売った金を貯めて、ここにダンスホールを開くことが夢であった。
  • 次へ »