金を届ける

11 の用例 (0.00 秒)
  • オーストリアの収容所を訪問し、救援物資や義捐金を届ける活動を行った。
  • 危険度によっては、無条件でその相手に金を届けることもある。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • が、芸者もまた何も言はずにその帯を貰つて帰つたのち、百二十円の金を届けることにした。 芥川竜之介『貝殻』より引用
  • 月々二万の金を届けることで、伸子は母親としての責めを充分に果たしていると思っているようであった。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 思った通り、隆の代わりに私が金を届けると言ったら、安心したらしく、〝そのほうがいい。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • ただしツルと絶縁したわけではなく、ツルが病気になった際には見舞金を届けるなどしている。
  • 盗みを働く者もあれば拾つた金を届ける者まである。 坂口安吾『総理大臣が貰つた手紙の話』より引用
  • これから先方に金を届けるのだが、そのときまたとやかく云われると困るので、念のために訊いておきたい。 松本清張『事故 別冊黒い画集1』より引用
  • 忠兵衛は蔵屋敷へ為替の金を届ける途中で、三百両の大金を懐にしていたが、梅川が頼んだ廓の者に呼ばれて来たのである。
  • 本来顧客へ金を届ける飛脚屋が、自ら死へと赴く「冥途の飛脚」となってしまったのだった。
  • 月末、新坂は金を届けるのである。 藤田宜永『過去を殺せ』より引用