量売り

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • また赤子の手のひら位の布の端切れが、量り売りされている所もある。 ...
  • 量り売りなので、何匹いるかは彼にも見当がつかない。 ...
  • このような田舎では、砂糖は砂糖屋に行って棒状のものを量り売りしてもらうのが普通だった。 ...
  • 日本各地の酒屋で行っている焼酎の量り売りは、鷹正宗が製造した物を扱う所が多い。 ...
  • 単なる銅の塊として量り売りをするよりも、そうした性格を持つ精巧な細工物としての価値の方が高いだろう。 ...
  • 「量り売りはこの樽からしているのだな」 ひと廻りして元の場所に戻ってくると、同心は言った。 ...
  • 薬屋で量り売りされる高価なもので、聖職者が眠気覚ましの薬に用いたとも言われる。 ...
  • ピザ・アル・タリオには多種多様なトッピングがなされ、量り売りされる。 ...
  • 突然の大量売りは何なのか。 ...
  • 当時の酒屋というのは、店先で量り売りをしていた。 ...
  • このスーパーの肉売り場はパック売りではなく、ケースの中のものを量り売りしてくれる。 ...
  • 専門店などでは、揚げてからではなく、揚げる前の状態の肉の重さで量り売りする店が多い。 ...
  • 形も大きさも様々なものを混ぜて店頭に出され、1個売りでなく、1キロいくらで量り売りされていることが多い。 ...
  • 酒を量り売りする店だった。 ...
  • 質量の単位は、袋詰めの商品にはメートル法の単位が使われているが、量り売り商品には、以下の台制の単位がよく使われている。 ...
  • 粉炭の量り売りで夜も繁盛する多助の店に、久八が多助に話があると家主の金兵衛を連れて訪れた。 ...
  • 大地主である鳥越家の斜め向かい50坪の場所で米を量り売りする米穀商店を始めた。 ...