野生動植物種

57 の用例 (0.00 秒)
  • このうち植物の7種が特定国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 生息地等保護区の区域内で国内希少野生動植物種の保存のため特に必要があると認められる区域は、管理地区として指定されている。
  • また、1996年には、国内希少野生動植物種にも指定されている。
  • 日本国指定の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種の対象である。
  • また、国内希少野生動植物種にも指定されており、捕獲が原則として禁止されている。
  • これらには直接根拠となる法令等はないが、希少野生動植物種の指定の際にはレッドリストを基に検討している。
  • 生息地等保護区とは、国内希少野生動植物種の保存するためには、その種だけではなく、生息地・生育地も保護することが必要である場合に指定される区域である。
  • 希少野生動植物種の指定を受けた種は捕獲・採取や譲渡しが原則禁止され、それらを実施する場合には環境大臣の許可が必要となる。
  • 生息地等保護区とは、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき、国内希少野生動植物種の保存のためにそれらの種の生息・生育地を保護することが必要である場合に環境大臣が指定する保護区である。
  • 特定国内希少野生動植物種は、個体の繁殖技術が確立された種であり、それら繁殖した個体の流通が可能となる。
  • 建設予定地は希少野生動植物種であるアユモドキの貴重な生息地であることから、日本魚類学会が建設反対を新聞社に表明したが、地元自治会から無責任な学者による責任の押し付けであるという批判を受け、スタジアム建設に反対しているわけではないと弁明している。
  • 乱穫による減少が著しく、2002年に国内希少野生動植物種に指定され無許可での採集・販売などが禁止された。
  • さらに、管理地区の区域内で国内希少野生動植物種の個体の生息又は生育のため特にその保護を図る必要があると認められる場所は、立入制限地区として指定されている。
  • 国際希少野生動植物種は、国際的な商取引の対象となる種 - ワシントン条約の附属書I類に掲載された種や渡り鳥条約で指定された種など - から指定されるため、そのほとんどが日本に分布しない種であるが、以下の日本にも分布あるいは繁殖などで利用する種も含まれている。
  • 保護対策に際しては、希少野生動植物種保存基本方針が作成され、この基本方針に基づき実施される。
  • 日本では1970年に種として国の天然記念物、1993年に全亜種が種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • なお、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約や種の保存法の国内希少野生動植物種で販売や譲渡や移動が禁止されているものが販売されていた例もあるので、注意を要する。
  • また、トキ等の希少野生動植物種の標本の収集・展示等を行う博物館的な業務や、調査や報告書作成等の外部委託を行う調達業務も担当している。
  • 館のシーラカンスはワシントン条約に規制される前に捕獲された日本で唯一、国際希少野生動植物種登録票の発行された5体である。
  • 日本では1970年に種として国の天然記念物、1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 次へ »