野生動植物

129 の用例 (0.00 秒)
  • 日本では絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律がこれにあたる。
  • このうち植物の7種が特定国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 奈良県の指定希少野生動植物に指定され捕獲などは禁止されている。
  • こうした種は現在絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などにより規制されている。
  • これを受けて、米国政府および国際自然保護連合が中心となって野生動植物の国際取引の規制のための条約作成作業を進めた。
  • クビワコウモリは長野県により希少野生動植物として指定されている。
  • 生息地等保護区の区域内で国内希少野生動植物種の保存のため特に必要があると認められる区域は、管理地区として指定されている。
  • またオーストラリアは絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の調印国でもある。
  • また、1996年には、国内希少野生動植物種にも指定されている。
  • このうちの半分以上はトレント大学の自然保護区で、生態学的に様々な野生動植物が生息している。
  • 日本国指定の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種の対象である。
  • ニュングェ国立公園はアフリカにおける野生動植物の重要な保護区でもあり、多様な生物が生息している。
  • また、国内希少野生動植物種にも指定されており、捕獲が原則として禁止されている。
  • また、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約では、絶滅の危険がある生物の国際的な取引を規制している。
  • 同様に動物から得られる香料である麝香や龍涎香とは異なり、霊猫香は継続的な生産が可能であるため絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などによる取引の規制はされていない。
  • これらには直接根拠となる法令等はないが、希少野生動植物種の指定の際にはレッドリストを基に検討している。
  • 生息地等保護区とは、国内希少野生動植物種の保存するためには、その種だけではなく、生息地・生育地も保護することが必要である場合に指定される区域である。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によるとこの内、売る事が出来るのは30トンである。
  • 下記に絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の附属書に掲げられたクジラ目の種を示す。
  • 現在では、象牙などが工芸品に利用されているが、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約により取引が現在中止されている。
  • 次へ »

野生動植物 の使われ方