野点

全て 名詞
50 の例文 (0.00 秒)
  • 本来野点で使う道具であり、室内では余り使わないとされる。 ...
  • 誉が点てたお茶に彼らが興味を示したため、一樹の提案で野点をすることに。 ...
  • その横では野点のだてをしていて、仕上げにお抹茶と和菓子もいただけます。 ...
  • 南東の山麓には明治天皇が野点を行った場所があり、周辺を兜山公園としている。 ...
  • 茶会は一般庶民にも参加を呼びかけた結果、当日は京都だけではなく各地からも大勢の人が参加し、会場では秀吉も参加して野点が行われた。 ...
  • 旅茶セット、野点セットなど、趣味人だけではなく一般を対象とした入門商品が開発されている。 ...
  • 茶道における野点においては、余りこれといった作法は無い。 ...
  • 会場では野点が行われた。
  • 丘には大日傘の下で裏千家家元の娘良子が野点のだてをし、賑わう客の中を振袖の娘達がお運びをしていた。 ...
  • なお野点と平行して俳句や和歌を作ったり聞かせたりすることを楽しんだり、ほかの戸外での行楽の傍らに行われることがある。 ...
  • 「そのおかげで、東吾さんは美女に惚れられたんじゃありませんか」 たまたま近くで野点のだてをしていた大地主の娘に急場を救われた。 ...
  • 元々は中国で茶の野点用に野外で火をおこすために考えられた携帯湯沸かし器であり、古くなったり、使い終わった後は廃棄されるのが慣例であった。 ...
  • もともとは村上藩の遊園行楽の場所であり、行楽の際に幕を張り巡らし野点等が行われたことから「お幕場」と呼ばれるようになった。 ...
  • 同ビル敷地には、明治天皇野点の碑もある。 ...
  • ああ、そういえば野点やら何やらで微妙びみょうわすれかけてたが、それでされたんだっけか。
  • なんでもその火が御用邸の林に燃え移りかなりの面積を焼いてしまって、林の中にあった、陛下が時折野点のだてに使われていた天然の泉まで焼いて汚してしまったそうです。 ...
  • 日本が近代化して以降でも野点はしばしば戸外で楽しむ行楽の様式として存続しており、花見や紅葉狩りのような行楽の一部として、または野点を主体として庭園から完全な野外に至るまで様々な場所で催されている。 ...
  • 次へ