重税を強いる

8 の用例 (0.00 秒)
  • 藩財政の窮乏から、新税を設置して重税を強いるなどの悪政を敷いた。
  • 李朝は高宗以前からすでに衰退を見せていたが、この高宗は国民に対して重税を強いるばかりか、賦役までかけて国民をさらに苦しめ、人心を完全に李朝から離反させてしまったのである。
  • さらにはモンゴルから日本遠征の大規模負担を負わされて国民に重税を強いることとなるなど、失政を続けた。
  • その上に奢侈に走って国民に重税を強いるなど暴政の度合いを深め、多くの者が海陵王を憎悪し始めた。
  • この頃、徳島藩では財政が悪化し、窮した前藩主・斉昌は百姓に重税を強いることで解決しようとしたが、これに百姓が猛反発して一揆を起こした。
  • このため、領民に重税を強いることで財政を再建しようとしたが、これが原因で領民の不満が爆発し、寛政5年2月に武左衛門一揆が起こった。
  • 千野は藩財政再建のため、明和元年に新役所を設置し、翌年には領民に対して重税を強いるなどの方針で領民を大いに苦しめたが、藩財政はいくらか再建された。
  • ユスティニアヌスの始めた征服事業やサーサーン朝ペルシアとの東方における長期の戦役、大規模な建築事業は、市民だけでなく貴族にも重税を強いることとなり、それに対する怒りは広く鬱積していた。