重ねる

全て 動詞
3,817 の用例 (0.01 秒)
  • なぜその一戦を境にして敗北に敗北を重ねるようになってしまったのか。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 飛行機の研究の初期には、より多くの主翼を重ねる研究もなされていた。
  • そして、残りの新聞をがらくたの山に重ねると、部屋の中に顔を向けた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 自らの過去に蓋をする為、封印すべき過去と同じ手段を重ねるその醜さ。 奈須きのこ『MELTY BLOOD タタリの夜』より引用
  • それでも体を重ねるようになるまでには一か月ほどの時間が必要だったろうか。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • あの女が忘れられないために、かうして次々とふしだらを重ねるんだよ。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • 恋を重ねれば重ねるほど、その不思議さは深さを増すようにも思われる。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • 一種の保障制度のようなものが、こうして夜を重ねるうちに、発達する。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • この差は版を重ねるごとに増大して行くので、次第に目立つようになる。
  • 年を重ねるとともに、若い娘に目がゆくのは男のさがのようなものだ。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • こうして回を重ねると腹のすいている昼飯前なら少し酔ってくるものだ。 遠藤周作『ぐうたら好奇学』より引用
  • 結果として、瞳に入った光を、反射し細胞に二度重ねる構造を有した。 FlyingShine『CROSS†CHANNEL †4 1,「黒須ちゃん†寝る」』より引用
  • 真織の声に重ねるように、叫びに近いような勢いのいい言葉が飛び始める。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 初期の版を発売後、版を重ねるにつれて名称の変更や派生版を生じている。
  • だから必死になって彼を求め、会うたびに情事を重ねることを望んでいた。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • そのたびに引き返して、時間のロスを重ねるようなことは避けたかった。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 体を重ねるまえは、美那子は自分から則夫の体を口にふくむこともした。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • つまり何杯かグラスを重ねると、おれには別の世界がみえてくるんだ。 シムノン/稲葉明雄訳『怪盗レトン』より引用
  • 歳月を重ねることは必ずしも相手を理解するための助けにはならないからだ。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • 日を重ねるにつれて今まで経験したことのない感情がふくれ上がっていった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 次へ »