重ね

全て 動詞 名詞
20,531 の用例 (0.02 秒)
  • 今はこれを避けるためには、重ねてその顔を見ないに越したことはない。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • またジュウヤジュウバコと重ねているのだからその方がもとに相違ない。 柳田国男『年中行事覚書』より引用
  • 私はそばにあった布切れを彼に与えておき、靴下を二枚重ねて足に穿いた。 原民喜『夏の花』より引用
  • それは同じ文字が一つ詩の中に重ね用ひられて居ると云ふことである。 河上肇『閑人詩話』より引用
  • まず第一に、私の心の上の重ね写真は、大した問題にするがものはない。 折口信夫『山越しの阿弥陀像の画因』より引用
  • 体に食べ物や薬を与える上で、多くの人が色々な苦労を重ねてきました。 キャロル・ルイス『心を養う』より引用
  • 私はすでに稿を重ねて低い民藝品に高い美があることを書き記しました。 柳宗悦『民芸とは何か』より引用
  • 私は側にあつた布切れを彼に与へておき、靴下を二枚重ねて足に穿いた。 原民喜『夏の花』より引用
  • 現在の状態では、サークルの活動も、いろいろの問題を重ねて来ている。 宮本百合子『その柵は必要か』より引用
  • お前は知るまいが、初版は千五百部で以後五百部ずつ版を重ねたのだ。 織田作之助『勧善懲悪』より引用
  • 三百六十五日でも七百五十日でも、わるい事を同じように重ねて行く。 夏目漱石『二百十日』より引用
  • まづ第一に、私の心の上の重ね写真は、大した問題にするがものはない。 折口信夫『山越しの阿弥陀像の画因』より引用
  • 七年馴染なじみを重ねた噂好きな人達は最早もう一人も彼の家の前を通らなかった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 三六年は全く体というものについて新しい経験を重ねましたから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 調査の結果と喜びをまとめたくなり、ワープロ版を作って増補を重ねた。 富田倫生『短く語る『本の未来』』より引用
  • しかし、それから後、探偵小説が代を重ねて発達して来たのであろう。 夢野久作『探偵小説の正体』より引用
  • 百円札を重ねて一尺の高さになったら家内集まって大祝いをやるという。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • 彼女については、僕はPUFFの時代から度重ねてライブを聴いている。 浜野サトル『新都市音楽ノート』より引用
  • その人は頭に高い帽子を三段も重ねて耳の処までかむっていた。 夢野久作『白髪小僧』より引用
  • 宗助は安井と御米から届いた絵端書を別にして机の上に重ねて置いた。 夏目漱石『門』より引用
  • 次へ »