重い刑により処断

9 の用例 (0.00 秒)
  • 観念的競合の場合は、その最も重い刑により処断することとされている。
  • 観念的競合の処罰については、その最も重い刑により処断するとされる。
  • また、建造物等の損壊行為により死傷者が発生した場合は、傷害罪と比較して、重い刑により処断する。
  • 傷害の罪と比較して、重い刑により処断される。
  • 遺棄罪又は保護責任者遺棄罪・不保護罪の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断される。
  • 刑法142条から144条までに規定された罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断される。
  • 刑法215条の罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断される。
  • 牽連犯については、その最も重い刑により処断する。
  • 牽連犯は、「その最も重い刑により処断」されるが、判例は、この規定を、数個の罪名中最も重い刑を定めている法条によって処断するという趣旨とともに、他の法条の最下限の刑よりも軽く処断することはできないという趣旨を含むものと解している。

重い刑により処断 の使われ方