重いものが胸

7 の用例 (0.00 秒)
  • 鉛のように重いものが胸を押しつぶして、いまにも息がつまりそうだった。 アンブラー/田村隆一訳『あるスパイの墓碑銘』より引用
  • 傷心におわった自分の恋を思って、また重いものが胸にのしかかって来かかった。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • なにおもいものがむねた。 南部修太郎『画家とセリセリス』より引用
  • 何か重いものが胸をおさえつけるのを感じた。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • 苦く重いものが胸の中に蟠って、遣り場のないのが辛かった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 何となく目をました騎央は、その話を聞いて、眠れなくなるくらい重いものが胸の中に置かれるのを感じた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第07巻』より引用
  • ぼくは、その反対側にすわっているのがモーリス・ウシェスタであるのを認めて、何となく重いものが胸に落ち込むのをおぼえた。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用