重々しい足音が聞こえ

5 の用例 (0.00 秒)
  • そのあとすぐに廊下では、手斧ておのを腰にし、銃を手に持った見まわりの水兵の重々しい足音が聞こえた。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • ややあって、波止場を歩く重々しい足音が聞こえてきた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • ささやき声と耳障りな笑い声とともに、ドアの向こうの石階段から重々しい足音が聞こえてきた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • だが溝に入るやすぐに、またあの重々しい足音が聞こえ、例の四人の男が荷物をかついでやってきて、溝のふちにそれを下ろした。 イエイツ編/井村君江(編訳)『ケルト妖精物語』より引用
  • どこからか、無気味な野犬の遠吠えがひびきあがり、かんぬきをうちおろした扉の外で、重々しい足音が聞こえた。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用