重々しい扉

9 の例文 (0.00 秒)
  • 土塀を巡らした古い門から庭に入ると、酒蔵の重々しい扉もまた錠が下りていた。 ...
  • その先に、鉄でできた重々しい扉があった。 ...
  • 重々しい扉はかるく開かれて闇の中にういたように白い美くしいかおがあらわれました。 ...
  • やがて、廊下の突き当たりに、大きな重々しい扉が立ち塞がっているのをカークは見た。 ...
  • ふだんしているように、男爵自身が重々しい扉を細目にあけた。 ...
  • 重々しい扉のわずかな隙間から、ハンド・キャノンの砲撃でくずれ落ちたまま修復されていない壁面が見えた。 ...
  • 見上げると土藏の窓が一つ、路地の中ほどにありますが、死骸のあつた場所よりは少し右に離れて、漆喰しつくひの重々しい扉は、頑固に閉ぢてあり、その上窓の直ぐ下には、石や木材が轉がつて居て、人間が近づけさうもありません。 ...
  • 見るからに分厚そうな重々しい扉だ。 ...