重々しい唸り

5 の用例 (0.00 秒)
  • 重々しい唸り声と回転する音を前触れに、弓の絃のように緊張した打子ハンマーがゆっくり戻って、足の下の大時計は金属でつくった竜のように震動しながら時刻を報じた。 カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』より引用
  • 青いガスのほのおの上で鳴っている滅菌器と、重々しいうなりをたてて廻っている遠心沈澱ちんでん器の間で、じっと顕微鏡をのぞきこんだまま、鳥扇玲子は言った。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • 巨大な歯車がガチャガチャとぶつかり合い、巨大な動輪が重々しい唸りを上げて回転する。 ジェイムズ・ブリッシュ『二重人間スポック!』より引用
  • 電車は稲妻形に重々しい唸りをあげて上り、大平台に達する。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • 頭上から、重々しい唸りが落下した。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用