醜く歪む

20 の用例 (0.00 秒)
  • 手が思い通りに動かなかったため、その文字はすべて醜く歪んでいた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 老婆はなにか衝撃をうけたような表情になり、その顔が醜くゆがんだ。 山田正紀『闇の太守』より引用
  • 桃子の愛嬌あいきょうのある下ぶくれした顔も、今はひきつって醜く歪んでいた。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 既に現われ出たもの、今現われつつあるものは、凡て醜くゆがんでいる。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • おこんは眼を上げて歌麿をみたが、その表情はすぐに醜くゆがんだ。 藤沢周平『喜多川歌麿女絵草紙』より引用
  • 醜く歪んだその顔に、背後からするりと巻きついたものがあった。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • うるんだ瞳の奥に鬼火が燃えあがり、老いた顔を驚くほど醜くゆがめていた。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 彼女の顔の右半分は、底意地の悪さをもろに露呈して、醜くゆがんでいたのだ。 吉村達也『踊る少女』より引用
  • 後からやって来たギャロヴィックの若々しい顔は衝撃と苦悩に醜く歪んだ。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • 罪に対して潔癖であろうとするから、より世界は醜く歪むのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 母の顔は私の目の下にあり、私を見上げて醜くゆがんでいた。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 本来、表情らしい表情を刻まぬ筈の獣の顔が、まるで野卑な人間の様に醜く歪む。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 山代は他人ひと事のように言って、自分の顔が醜く歪むのを感じた。 井上靖『崖(上)』より引用
  • まさかそんな返答が戻ってくるとは思っていなかったのだろう、香川の顔がさらに醜く歪んだ。 日明恩『埋み火』より引用
  • 目を剥いた叶の顔が、まるで汚いものでも見たように、醜く歪んだ。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • だが毎朝目を覚ますたびに、世界は昨日と同じように醜く歪んだ姿のまま、そこにあった。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • その顔が賢明に自分の心を抑えようとしてか、醜く歪んでいる。 ジェイムズ・ブリッシュ『02 宇宙大作戦 No2』より引用
  • 彼は立ち上がりこれ以上はありえないと思われるほど、端正な顔だちを醜く歪めた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • この少年は見る限りでは美の化身のように優美で麗しい存在だが、その中にあるのは、妻の死をきっかけに醜く歪んでしまった中年男の精神なのだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 怒りでみにくゆがんだ顔で小さなつえを振ろうとする。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用