醜い顔

262 の用例 (0.00 秒)
  • 自分で自分を思いやると、急に胸が込上げて来て、涙は醜い顔を流れるのでした。 島崎藤村『藁草履』より引用
  • わたしの醜い顔を彼女の美しい顔に近づけながら、わたしはそっとささやいた。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • 平生は思い出すこともない異父の弟妹の醜い顔をした人たちも恋しかった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 化粧がグチャグチャに崩れた女の醜い顔を見つめて言う。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • しかし鬼女は被衣の下から、その醜い顔を上げて式神をにらみつけた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • これはと思う婦人があっても、自分の醜い顔のために結婚できなかった時には、どんなに悲惨な思いをするだろう。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • アイドルのような、年の割には幼い顔が、急激に苦渋くじゅうに満ちた醜い顔に変わった。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • たいへんな高齢らしく、なにか怪我でもしたのか、おそろしく醜い顔をしている。 バローズ『火星シリーズ06 火星の交換頭脳』より引用
  • 彼女は泣いているように醜く顔をしかめていた。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • 母の寝室に肖像画がかけてありましたが、黒い襟を耳まで立てた赤い制服を着ており、ずいぶんと醜い顔をしていました。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • その醜い顔は蒼白で、油汗を浮かべていたが、ソロに気づくと笑顔を見せようとした。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『03 なぞの円盤』より引用
  • ジェロンドが拒絶すると、ではすこしずつ醜い顔にしてやると脅したのだ。 ディクスン『ドラゴンになった青年』より引用
  • 王女はすぐさま彼を呼びよせ、二目と見られぬ醜い顔に作るよう命じたのです。 バローズ『火星シリーズ06 火星の交換頭脳』より引用
  • 突然だつたので、房一は思はずその醜い顔に紅味をうかべながら、軽く頭を下げた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • 醜く顔をゆがめたトレントンにしがみついたのは、シモツキ大尉だった。 小川一水『原案・田中芳樹 灼熱の竜騎兵シェアードワールズ レインボウ・プラネット』より引用
  • 異名ガンベの渡瀬がすぐその側にいて、声を出さずに、醜い顔じゅうを笑いにしていた。 有島武郎『星座』より引用
  • それを言うときの道子は、憎さげで醜い顔になっていた。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • けれどとにかくそのときには、彼の眼つきはその醜い顔を輝かして、別人のような顔つきになるのだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 信子は、子供からでなく、普通の男から真正面に自分の醜い顔を嘲弄ちようろうされたように思った。 松本清張『事故 別冊黒い画集1』より引用
  • 頑として動こうとしない空気との格闘で、その醜い顔にはいく筋もの汗が流れ落ちていた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 次へ »