醜い顔

262 の用例 (0.00 秒)
  • その醜い顔に表情が加わると、怪奇な顔になることを彼自身知っていた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 悪い心は一番美しい顔をさえみにくい顔以下の悪い人相にしてしまいます。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 第一にお清がいつも見るとははるかにみにくい顔をしていることにちょっとおどろいた。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 十代の少女が醜い顔をもつことの苦痛を女である私はある程度まで想像できる。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • 第一にお清がいつも見るとははるかに醜い顔をしている事に一寸驚いた。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • けれども目の前へ来たのを見ると、小皺こじわのある上に醜い顔をしていた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • けれども目の前へ来たのを見ると、小皺こじわのある上に醜い顔をしてゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • だけど、これまでお目にかかったこともないほど、醜い顔をしてるんだ。 MASKMAN『ボヘミアンガラス・ストリート』より引用
  • 善人はいかにも穏やかなよい顔をしてゐるし、悪人は醜い顔をしてゐる。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • その証拠には、ぼくはその夜の空襲で、このように醜い顔になったんです。 横溝正史『不死蝶』より引用
  • あまりに醜い顔をしているので、もう少しで舌を出すところだった。 シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • それに第一、彼女あれは醜い顔だったが、今のはそんなに悪くもないじゃないか。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 魔術師の醜い顔に驚愕が浮かび、やがて穏やかな確認の表情に変わった。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 醜い顔だから、あなたは私を他人に奪われる心配がないでしょう。
  • 逃げ腰を、笑うことでつくろっている江木の顔は本当に醜い顔に見えた。 姫野カオルコ『ドールハウス 処女三部作1』より引用
  • そうしてよく睡った上、翌朝二階に上ってくる醜い顔の女房を待った。 松本清張『証明』より引用
  • いま居るのは、三十八歳の、醜い顔をした川野さんとよぶ女であった。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • それは妖怪ばけもののような二た目と見られない醜い顔の女であった。 田中貢太郎『四谷怪談』より引用
  • この醜い女が大げさにふるまうとただでさえ醜い顔がもっとひどくなった。
  • この若い妻は彼の醜い顔に耐えられず、別に恋人をつくった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 次へ »