醜い女

133 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女と同じくらいに醜い女やもっと醜い多くの女も、自分を愛してくれる男を見出していたではないか! ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 縮れ毛の醜い女ではなくて三十前後の小柄な男であった。 田中貢太郎『切支丹転び』より引用
  • 緑色人の戦士が数人いて、ひとりの老いさらばえた醜い女がわたしの上にかがみこんでいる。 バローズ『火星シリーズ01 火星のプリンセス』より引用
  • その時分は子供にもよくしてくれて、醜い女ですけれど、忠実な女中だったんですのよ。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • 服の上に粗い格子縞の大きい四角な肩掛をした純露西亜ロシア風の醜い女である。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 女房のユシュルーかみさんというのがまた、ひげのある醜い女だった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 服の上に粗い格子縞の大きい四角な肩掛をした純露西亞風の醜い女である。 与謝野晶子『巴里まで』より引用
  • 彼女は額の大きい、鼻の丸い、ちぢれ毛の、鉄色した醜い女であった。 田山花袋『ネギ一束』より引用
  • ある里に一人の醜い女がいた。
  • 西瓜がみにくい女の顔にみえたのも、それから何かの糸を引いているのかも知れないと思うと、八太郎ももう笑ってはいられなくなった。 岡本綺堂『西瓜』より引用
  • あたしも妊娠すると、そりゃ醜い女になってしまうわ、自分でも知ってるけれど。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 笹村の目には、これまでにない醜い女が映って来た。 徳田秋声『黴』より引用
  • 小柄の、醜い女で、猿に貴婦人の着物を着せたといったかっこうだった。 モーパッサン/杉捷夫訳『くびかざり』より引用
  • そのころ私は醜い女だったそうです。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • どんな慾望でも願うて得られないものはなかったが、醜いむすめの顔は如何ともすることができなかった。 田中貢太郎『鮭の祟』より引用
  • 一週間たってみると、彼は醜い女のほうを愛していたのだが、この一週間を用いて、その女の醜さを死んだ女の思い出で消し去ったのである。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • それまでに用いられてきた「容貌の醜い女」とは正反対である。 田中貴子『悪女伝説の秘密』より引用
  • 私はどんな醜い女とでも喜んで歩くのだが、どんな美しい女でもその女が人眼に立つ奇抜な身装なりをしている時は辟易するのがつねであった。 織田作之助『世相』より引用
  • この自称裁判官たちの中でもいちばん冷酷であるばかりか、いちばん醜い女である。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 若者は早く結婚したが、それは年も自分よりはずっと上で、顔の半面に痘痕あばたの残った、醜い女だった。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 次へ »